福祉葬プラン

当家様 負担金0円をお約束

福祉葬

寺院読経が付いた福祉葬プラン

大阪市の生活保護受給者・世帯向けのお葬式「福祉葬」のお手伝いを致します。大阪市24区で生活保護を受給されている方が、お葬式をされる場合に適用される葬儀となります。

生活保護での葬儀「福祉葬」をご検討の方はお問い合わせ下さいませ。当社なら当家様への負担金0円、一切不要でお葬式のお手伝いを致しますのでご安心下さいませ。

福祉葬はトラブルが多く、当家様に過剰な請求をする葬儀社も御座いますのでご注意下さい。

寺院読経が付いた福祉葬が「自己負担金0円」でおこなえるの葬優社です。

  1. 火葬だけではなく「寺院読経付きの福祉葬」
  2. お寺様の御布施の負担もなし
  3. 故人様の安置料も無料で対応
  4. ドライアイス代金や寝台車の超過料金も一切不要

寝台車でのお迎えをはじめ、役所への葬儀申請にもスタッフが同行致しますのでご安心下さい。またお葬式までのあいだ「故人様のお預かり安置も無料」にて対応致しますのでご安心下さい。

大阪市で生活保護者のお葬式をお考えでしたら「葬優社」にお任せ下さい。


福祉葬の条件とは

福祉葬の条件

大阪市民の方ならだれでも福祉葬儀をできる訳では御座いません。お葬式をおこなう方いる場合、葬儀費用の支払いができない場合に福祉葬がみとめられます。下記のような場合、福祉葬が認められるケースです。

  1. 故人のお葬式をおこなう方がだれもいない
  2. お葬式をする方が、大阪市で生活保護を受給している

お葬式をおこなう方がいない場合は、大阪市がその方の葬儀費用の負担します。お葬式をする方がおられても、葬儀費用の支払いができないので大阪市が葬儀費用を負担します。故人に、葬儀をおこなう遺族や親族がいる場合、その方の経済状況が判断の基準となります


福祉葬の手続き・申請方法

福祉葬での葬儀をおこなうには、区役所の担当者へ ご逝去ごに葬儀申請が必要となります。担当者の了承がいただけない場合は実費でのお葬式となりますのでご注意下さい。

  1. 必ずお葬式を行う前に役所への申請、面談が必要となります。
  2. 役所の休館日にあたる 土曜日・日曜日・祝日には申請ができません。

役所への申請には当社スタッフが同行し、お手続きをおこないますのでご安心下さい。


無料で利用できる市営葬儀場

大阪市葬祭扶助で無料で利用できる市営葬儀場

当家様の費用負担しでご利用いただける大阪市営葬儀式場となります。通夜・告別式の2日間のみのご利用となります。当社にてご希望の式場で福祉葬をお手伝い致しますので式場をお選び下さい。

なお式場利用に関しては、完全予約制となるため、葬儀までのあいだ故人様を当社にて無料でお預かり安置致しますのでご安心下さい。

  1. 通夜・告別式 2日間 無料で利用できます
  2. 完全予約制(当社で予約致します)

告別式が終了しますと「式場・控室」は利用できません。初七日法要は葬儀内容には含まれておりませんので事前にお含みおき下さい。


生活保護での葬儀の流れ

福祉葬の流れ

ご逝去されたら、まず当社にご連絡下さい。

慌てて役所に葬儀申請に行かれても葬儀日時や場所などを決めてからでないと申請ができません。当社スタッフがご一緒に役所申請に参りますので、まずは当社にご連絡くださいませ。

葬優社(そうゆうしゃ)までお電話下さい。06-6653-3802

生活保護のお葬式・福祉葬をお考えの方

当社では大阪市葬祭扶助の規定範囲にて、当家様の費用負担なく、きちんとお世話を致します。

過剰請求のない本当の生活保護者の葬儀をご提供致します。火葬だけしかしてくれない、お寺さまの読経料などの御布施を要求する葬儀社には注意が必要です。

大阪市で生活保護のお葬式「福祉葬」をお考えでしたら「葬優社」にお任せ下さい。